医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2024/04/11
修学旅行等、マイナカードが持参できない場合の資格確認

 今年12月2日をもって現行の健康保険証の発行が終了し、マイナ保険証を基本とする仕組みに移行されることに先立って、マイナンバーカードの持参が難しい修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等の場合における被保険者資格確認の方法について、厚生労働省から以下のQ&Aが公表されました。

 ご確認ください。


[問]

 現在、修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等においては、児童・生徒が医療機関・薬局を受診等する必要が生じた際に備え、保険証の写しを持参させる取扱いが一部で見られるところ、必ずしも児童・生徒本人がマイナンバーカードを持参することが容易でない場合において、保険証廃止後はどのように対応すればよいか。


[答]

  • 本年12月2日に健康保険証の新規発行が終了した後は、マイナンバーカードによりオンライン資格確認を行うことが基本となります。修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等においても、医療機関・薬局を受診等する可能性に備える必要の程度に応じて、本人がマイナンバーカードを持参することが考えられます。
  • ただし、修学旅行等の学校行事や部活動の合宿・遠征等において、児童・生徒本人がマイナンバーカードを持参することが容易でないときには、数日間の限られた使用であること、かつ、学校教員等の管理監督の下での使用が想定され、なりすましが起こることは想定され難いことから、マイナポータルに表示される被保険者資格情報のPDFファイルをあらかじめダウンロードしたものやその印刷物、資格情報のお知らせ又はその写しを医療機関・薬局に提示するといった方法により、保険診療・保険調剤を受けることは妨げられません。
  • こうした方法による確認の結果、療養の給付を受ける資格が明らかな場合には、医療機関等の窓口負担として、患者の自己負担分(3割分等)を支払います。

 他方、上記のいずれによる確認も行えない場合には、原則として、一旦医療費の全額(10割)をお支払いいただき、後日、資格が確認できた際に、自己負担分を超える金額について医療機関・薬局から還付を受けることとなります。

[出典]
 厚生労働省「事務連絡(2024年3月1日発出)」

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



6月から処遇改善加算がリニューアル2024/04/04
デイサービスでオンライン診療は受けられる?2024/03/28
2024年度診療報酬改定/マイナ保険証利用促進のための改定2024/03/21
介護サービス事業者の経営情報の報告義務、4月から2024/03/14
医療法人の経営情報報告、全体の4分の12024/03/07
2024年度障害福祉サービス等報酬改定の概要2024/02/29
2024年度の税制改正、処遇改善を後押し2024/02/22
がん対策に関する世論調査(2023年7月調査)2024/02/15
2023年度補正予算による支援策/福祉編2024/02/08
2023年度補正予算による支援策/医療編2024/02/01
2024年度介護報酬改定の審議報告2024/01/25
2024年度のトリプル改定の改定率2024/01/18
パートさんの社会保険適用に助成金2024/01/11
2024診療報酬改定の基本方針2024/01/04
令和5年度補正予算/オンライン資格確認等の推進2023/12/28
お問合せ
有村社労士事務所
 〒891-0175
鹿児島市桜ヶ丘2丁目30-10
TEL:099-265-8001
FAX:099-265-1313